MYページMYページご利用規約よくあるご質問代行買付について委託販売について資産運用をお考えの方販売実績のご紹介お問い合わせ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
国から選ぶ
在庫
商品名を入力


書籍を探す


  • HIDEPRICE
商品コード:
sale70

イングランド グロート銀貨  リチャード3世 AU53

国 :
イギリス
関連カテゴリ:
~1400年代


イギリス(イングランド)グロート(4ペンス)銀貨
 リチャード3世(1483―85)ロンドン造幣所 AU53

発行年:ND(1483―85)
量目:3グラム前後
最大直径:24mm
材質:銀
グレード:NGC AU 53
      NGCの鑑定枚数はこの一枚のみ。

リチャード3世はプランタジネット家の支派ヨーク家出身のイングランド王でエドワード4世の弟だった。その没後に後継者となった甥のエドワード5世の摂政となるものの、王をロンドン塔に幽閉して即位した。バッキンガム公の叛乱を鎮圧したが、リッチモンド伯ヘンリー(のちのヘンリー7世)により爆破され敗死、プランタジネット家がここに断絶した。
 その短いが波乱に富んだ治世は、ウィリアム・シェークスピアの〈リチャード3世〉
に描かれ、歴史に名を留めたのである。

リチャード3世の肖像を描くコインは、その殆どが摩耗していたり破損したものが多く、これだけ円形を保ちしかも無疵であることは奇跡に近い。
50年以上コイン界を注目していて、初めて遭遇した逸品と言える。

 リチャード3世の貨幣発行は何しろ在位期間が足掛け2年しかないため、
滅多にお目にかかれない珍品ばかりとなっている。
イギリスでは一部欠損した美品クラスでも、3000ポンドを超えているのだ。
未使用品クラスの逸品となると10000ポンドは超えてくるだろう。
その意味では在位期間が1年未満のハロルド〈在位1066〉より遥かに珍しい存在となっている。
 大型銀貨のなかったヘンリー8世以前のイングランドでは、
リチャード3世のグロート銀貨が最も珍しいと考えてよいだろう。
それほど稀少なコインである。
(旧NEW ENGLAND MUSEUM 収蔵品)

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。