MYページMYページご利用規約よくあるご質問代行買付について委託販売について資産運用をお考えの方販売実績のご紹介お問い合わせ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
国から選ぶ
在庫
商品名を入力


書籍を探す


  • HIDEPRICE
商品コード:
coin123

イギリス領インド ウィリアム4世モハール金貨 1835(c) MS61

国 :
イギリス
関連カテゴリ:
1800年代



グレード:MS 61 (NGC)
材質: 金 917/1000
量目: 11.6600g
SCWC: KM451.2  表面首に"RS"の刻印
発行地:イギリス領インド コルカタ(カルカッタ)
刻印師:ウィリアムワイオン


 モハール金貨(モーハ金貨)は1540年に当時隆盛を誇っていたインド ムガール帝国が1モハール=15ルピーとするモハール金貨を発行したのが始まり。
「モハール」の由来はかつてのインタリオリング(印象機能の付いた金の指輪)を指す言葉であり、象徴や紋章を意味した。

 ウィリアム4世のモハール金貨は発行枚数、現存枚数が極端に少ない。
KM451.2 のタイプは総鑑定枚数がたったの17枚である。
NGCの鑑定では最高グレードはMS62で一枚存在する。
このことからもグレードの良好なものがどれだけ少ないかがわかる。

 インドはインド西海岸、インド東海岸により発行するコインが異なっていたが、
インド全土としては唯一、わずかに東インド会社として1835年にウィリアム4世を描く5種が発行された。
そしてこの1835年が東インド会社最後の年となった。
(1841年まで”B.E.I.C”と記されたコインは存在している)

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。