MYページMYページご利用規約よくあるご質問代行買付について委託販売について資産運用をお考えの方販売実績のご紹介お問い合わせ

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
国から選ぶ
在庫
商品名を入力


書籍を探す


商品コード:
coin142

ヴィットリオ エマヌエレ3世  100リレ 1912(R) 豊穣の女神 MS62

販売価格(税込):
1,188,000
ポイント: 0 Pt
国 :
イタリア
関連カテゴリ:
1900年代

イタリア100リレ金貨1912
表:ヴィットリオ エマヌエレ3世の肖像

量目: 32.2581 g
直径: 35 mm
材質:金 900/1000
発行枚数:4,946枚
発行地:ローマ
カタログ:KM#50
刻印師: Egidio Boninsegna


豊穣の女神のデザインが美しく、大型で見栄えのする金貨である。

表にはヴィットリオ エマヌエレ3世の肖像、裏には稲と鍬を持つ農業の女神の立像が描かれている。

1910年、1912年、1926年、1927年に発行されているものの、1910年に発行された2013枚は、ほとんどが溶解されてしまったために現存数は僅少。

1926年は40枚、1927年は30枚の発行であり市場に出てくることはほぼなく、
1912年に発行されたもののみ市場で見られる。
1912年も4946枚という少ない発行枚数により、希少性が高い。

ヴィットリオ・エマヌエレ3世は、ウンベルト1世父親が殺害されから46年にわたり、
イタリアを統治してきた。
アルバニア・エチオピアを併合し、アルバニア皇帝、エチオピア国王として君臨。
そのため、アルバニア、ソマリアにおいても彼の発行したコインを見ることができる。
また、王自身もコインの収集家であり、研究者でもあったことから彼の著書はイタリアコイン研究の最大の文献とされている。


ヴィットリオ・エマヌエレ3世により大型金貨、銀貨を代表する美しいコインが生み出された。

数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。